防水工事

株式会社 フロントランナー

06-4392-7265

〒547-0024 大阪府大阪市平野区長吉川辺1丁目北2-25

営業時間:9:00~18:00 定休日:日曜・祝日

細長い画像

防水工事

防水工事を大阪で行っている
フロントランナーの事業内容

防水工事の必要性

施工を行っている

酷くなる前に

鉄筋コンクリート構造や鉄骨構造などの鋼構造建物の寿命は、約60年と言われております。
ただし、漏水への対応によっては寿命の長さが異なります。
建物の寿命を延ばす鍵を握るのが、「防水改修工事」です。
建物を雨漏りや漏水から守り、長期に渡って老朽化を防ぐ防水材は非常に大きな役割を担っています。

最適な施工で最適な防水を

防水工事を大阪で行う「株式会社フロントランナー」では、建物の状況に合った最適な工法をご提案いたします。
防水材は屋上や屋根など、様々な場所に使用されておりますが、その他の廊下や階段、バルコニーなどにも大きな効果を発揮します。
建物の環境をより快適に保つためには、防水材の存在は非常に重要です。
漏水によって建物の老朽化を早める前に、お早めに防水工事を行うことをおすすめします。

ご家庭によって最適な防水工法があります!

様々な防水方法

防水工事はあらゆる条件や用途に対応できるよう、多種多様な工法が存在します。
アスファルト、ウレタンゴム、塩化ビニル系シート、FRP、シーリング工事など様々な種類の材料、工法がありますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。
また、施工にかける費用によっても防水工法や仕様が変わるため、事前に防水工事会社へ確認することをおすすめします。

屋根の工事を行っている

まずはお問い合わせ下さいませ

防水工事において、屋根葺材を使用できない屋上やバルコニーなどの屋根では、コンクリートなどの水平な面を漏水から守るため、雨水を防ぐ防水層を作って対処します。
失敗しない防水工事を行うには、適切な工法を選定する必要があります。
防水工事をご検討の場合は、大阪の当社までお気軽にご相談ください。

シーリング防水工事

施工を行っている

細かいところまで

シーリング工事は、外壁のボードのつなぎ目をシーリング材で埋める工事のことを指し、サッシの金具や壁のつなぎ目などにも行われます。
シーリングの劣化は、雨漏りやヒビ割れの原因にもつながります。
防水工事を行う大阪の「株式会社フロントランナー」では、防水のためのシーリング工事も承っております。

隙間からの侵入を防ぎます

シーリングにはつなぎ目から侵入する雨漏りを防ぎ、地震などで建物が揺れた際に伸縮性によって建物を守る耐震性があります。
このシーリングは環境によって異なりますが、およそ5年を過ぎたあたりから劣化が始まり、雨漏りや外壁のひび割れの原因となります。
シーリング材の劣化が気になる場合は、まずは当社までお気軽にお問い合わせください。

外壁防水

壁からも浸水します

雨漏りと聞くと屋根から雨水などが侵入するイメージがありますが、実は外壁からの雨漏りが多いことをご存知でしょうか。
外壁からの雨漏りの問題が顕著化したのは1980年頃で、近年では建物の外壁自体への雨水の侵入を防げば、建物の寿命を延ばせると言われております。

窓の工事を行っている

外壁防水の役割

外壁防水の役割は、雨漏りの防止と建物の長寿命化の2つにあります。
漏水はヒビ割れによって生じるため、外壁の防水材には長期に渡って高弾性の防水塗膜が追従し、雨水をコンクリート内に入らせない機能を求められています。
また、外壁防水工事は建物の状況によって費用や仕様が異なりますので、事前に現地調査をしっかり行うことが大切です。

外壁防水工事をご検討の場合は、ぜひ大阪の「株式会社フロントランナー」へお任せください。

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒547-0014 大阪府大阪市平野区長吉川辺1丁目北2-25
営業時間:9:00~18:00 定休日:日曜・祝日

06-4392-7265

綺麗な住宅の写真

TOP